読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長良杉の鰹節削り器づくり in 岐阜県多治見市

さすが多治見市です!

 

とても「あつい」一日でした!!!

 

f:id:nobutyannsennsei:20170403152705j:plain

 

4月2日(日)岐阜県多治見市小泉町の小泉公民館多目的実習室で「かつお節削り器を作っておだしを味わおう!」講座が開催されました。

とても良い会場で木工教室開催には最適のところでした。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170403153528j:plain

 

 アクセスも非常に良く、私の自宅からすぐ近くの国道248号線バイパスにのれば一直線で多治見市に入り、あとは交差点の標識にしたがうだけで難なく到着することができました。実は詰めが甘く会場の手前で迷子になってしまいました。でも次回からは完璧に行くことができます(また呼んでくださいネ)。

 

この実習室の前に駐車場があり、そこに車を停めれば荷物の搬入がスムーズにおこなえました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170403162759j:plain

 

材料は念のため24台分用意しました。

それでも思ったほどの荷物量にはなりませんでした。

 

「かつお君テーブル」を持参しました。組み立て式ですから会場で脚を差し込んで講師用テーブルとしました。これはそれなりに重宝しましたが、みなさんが作業をしているとき私がバタバタと動き回っていたら脚をひっかけ、テーブルの脚が外れて天板がバターンと崩れ落ち、みなさんをビックリさせてしまいました。やはり脚は固定しておかなければいけませんでした。

どうもこの講師用テーブルは必要無いように思います。次回からは持参しないことにします。

 

講座の開始は午後1時からです。私は1時間前に到着しました。

今回の講座を企画してくださり、またお出汁のことを担当してくださる「だしソムリエ一級認定講師」の日比野朱美さんもすでに到着されており、会場設営に協力していただきました。

 

12時30分ごろから参加者の方が続々集まってきます。

 

参加者は19名(出来上がりは最終的に20台)でした。親子での参加は1組だけで、あとは男女入り混じった大人の方たちでした。皆さんのやる気がひしひしと感じてきます。

 

この人数ですから準備は怠りなくしてきたつもりですが、鰹節削り器づくりで一度にこれほどの参加者を相手にしたことはありません。皆さんが着席しいよいよはじまる時の眼差しに緊張が走ります。

日比野さんからの開会のあいさつのあと、最初に鰹節とお出汁について日比野さんからお話しいただきました。

次男坊カツオ解体君の出番です。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170403165615j:plain

 

私は柄にもなくホワイトボードを利用させていただきました。癖になりそうです。

 

19名の参加者のうち男性が7名でした。この男女比はすごいです。今回は男性の参加が多く嬉しかったです。

 

今回は前回の岡崎市での反省を踏まえて、女性のペースに合わせて一つ一つの作業をゆっくり確実に行うようつとめました。

それでもいつもの癖が出て先走りや言い忘れもありました。

うまく伝わらなかったところもありました。

予想以上に引き出しの出し入れに難儀する方もありました。

しかし、私の修正作業と参加者の方が自ら行った修正作業で、最終的にはみなさん無事に完成することができました。

そのことが私自身とても嬉しかったです。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170403173937j:plain

 

今回参加者が多かったので「取っ手」はあらかじめこちらが用意したものを使っていただきました。時間の制約もあるので、今後もこのやり方でいいのではないかと思います。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170403174231j:plain

 

 さて、本体と引き出しのボンド付け、取っ手の取り付けが終わったので、いよいよメインイベントの釘打ち作業です。

いや~凄まじかったです!

19人が一斉に釘を打つとどうなるか!打っている本人は楽しいかもしれないけれど、はたで聞く身には辛いものもありました(笑)

 

f:id:nobutyannsennsei:20170403174928j:plain

 

釘打ちはほぼ完璧でしたが、一番簡単だと思っていた13ミリの長さの釘打ちにトラブルが何台かありました。おかしいなと思っていたのですが、いまブログを書いていて思いあたりました。(自分用:下穴が貫通していなかったから)

 

講師の日比野さんと小泉公民館の柴田さんには、いろいろお手伝いいただきました。

 

また、参加者へのアドバイスやお手伝いもいただきました。

 

とても助かりました。ありがとうございました。

 

また同じテーブルの参加者同士協力して作業を進めていただきました。

これもとても嬉しいことです。

 

こうしたことはとても大切なことだと思います。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170403175305j:plain

 

そして最後に鰹節と利尻昆布出汁のお吸い物を用意していただき、参加者の方に味わっていただきました。

そして参加者が試し削りで削った鰹節は「ねこまんま」で味わっていただきました。

とても美味しかったですよね♪

 

f:id:nobutyannsennsei:20170403175331j:plain

 

今回参加してくださったみなさん、そして、いろいろお世話をおかけした日比野さん、柴田さん、本当にありがとうございました。

 

とても良い一日でした。

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

そして、今後も「手づくりする!長良杉の鰹節削り器」出張講座開催します!

 

お気軽にお声掛けください!

 

よろしくお願いします(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手づくりする!鰹節削り器 in 愛知県岡崎市

はじまりは2016年8月13日(土)でした。

そして、2017年2月26日(日)でみなさんに作っていただいたものが110台になりました。

「手づくりする!鰹節削り器」がです。

 

その記念すべきワークショップは、こちらです☆

        ↓

発酵を先取る!!こうなったら自分で作っちゃう!鰹節削り器

 

さて、講師姿も板に付いてきたでしょうか?

 2月26日(日)の午前の部の参加者の方からいただいた写真です。

ありがとうございました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170228190411j:plain

 

後ろには主催者で料理担当の「Cafe & Restaurant Bar FaNaKa 店長」の海津貴則さんと鰹節の講師「株式会社ボニト だしソムリエ協会認定講師」の小笠原香織さんが写っています。
お二人には私の足らない分を補っていただきました。ありがとうございました。

 

午前の部は9台作りました。総勢15人ぐらいでした。

午後の部は5台作りました。総勢9人ぐらいでした。

 

自宅から会場までの距離は岐阜県多治見市経由で80キロほどです。一般道で2時間。東海環状道を使うと40分程時間の節約になります。名神東名経由だと距離が20キロほど遠回りになりますが時間はほぼ同じです。

過去の苦い経験から敢えて高速を使うことにしました。往路は東海環状道を使いました。通行する車の数が少なく快適に走ることが出来たましたが、東名へ入る分岐が常に気がかりでした。東名岡崎インターで降りてから会場までは、極めてわかりやすかったです。

 午前9時に行きますと言っていて、その通り9時に着くことができました。

ついでに言っておきますと、復路は東名から名神、そして東海北陸道を使いました。やはりこちらの方が私は好きです。車の量が多くて寂しくないからです。

 

素敵なお店「Cafe & Restaurant Bar FaNaKa」さんから見た景色です。私が撮りました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170228194624j:plain

 

今回参加してくださったみなさんはバラエティに富んでいました。

そうした方と一緒に作れたことが、今回の私にとって一番良かったことです。

 

午前の部です。

f:id:nobutyannsennsei:20170228195942j:plain

午後の部です。

f:id:nobutyannsennsei:20170228195650j:plain

 

午前の部の制作風景です。

f:id:nobutyannsennsei:20170228195557j:plain

f:id:nobutyannsennsei:20170228195840j:plain

f:id:nobutyannsennsei:20170228195515j:plain

f:id:nobutyannsennsei:20170228195447j:plain

 

以上の写真は海津さんにいただいたものです。

ありがとうございました。

 

 (以下は私が撮った写真です)

 

解体君です。

f:id:nobutyannsennsei:20170228201737j:plain

小笠原さんと一緒に来た長男君です。ちなみに私のは次男君です。

 

今回はダブル講師でした。

まず最初の30分(ちょっとオーバーしましたが)小笠原さんが「お出汁」について話してくださいました。

みなさん熱心に聞かれていました。真剣な表情です。その姿に感動しました。

f:id:nobutyannsennsei:20170228202007j:plain

f:id:nobutyannsennsei:20170228202029j:plain

いいコンビではありませんか。

このような形式は今後も続けていけれたらと思っています。

 

ぜひ小笠原さんのお話をお聞きください。

笑いを交えた話は聞きごたえがありますよ。

 

さて、つぎに制作のほうの話をしていきましょう。

削り器に関して、形状寸法等これはひとつの完成形でしょう。

迷いもありました。とくに、鉋台と蓋の糸のこ盤での切り抜き作業です。

もっと良い方法もあるかもしれません。しかし、木工の基本を体験するというこの作業は外せません。

今は3時間製作バージョンですが、当初想定していた「一枚の板を切ることからはじめる」ということを将来どこかで実現したいので、その時までこのままとっておくことにしましょう。

f:id:nobutyannsennsei:20170228203416j:plain

問題は、どのように製作を進めていくかです。

ハードではなくソフトの問題ですね。

f:id:nobutyannsennsei:20170228203649j:plain

 

今回引き出しが本体に入りませんでした。

事前準備では一応すんなり入るようにしたつもりでした。

しかし、実際ボンド付けして釘を打ったら入りませんでした。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170228204057j:plain

 

少々気楽に考えていたので、焦りました。

修正に思いのほか苦労しました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170228204220j:plain

 

海津さんから指摘していただきました。

男性脳と女性脳の違いをわきまえて行う事。

海津さんはそのことを踏まえて教室で実践されています。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170228205247j:plain

 

今後私がおこなっていくことは、、、

最初に大雑把に流れを説明するにしても、作業は一つづつ順を追って行う事。

ひとつの作業を確実におこなう事。出来ているかを確認して次に進むこと。

ひとつひとつを確実にこなしていくことで結果も良くなるし、時間短縮にもつながりそうです。

 

そして仮に不都合が出た場合の修正方法をしっかり準備しておくこと。

今回その為の道具をもっていかなかったことは油断でした。

 

次につながる私の良い体験ができました。

 

そして、鰹節の削り方は小笠原さんに指導していただきました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170228205535j:plain

 

さすがですね。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170228205521j:plain

 

うまく削れましたよ。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170228205617j:plain

 

いい感じです。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170228205646j:plain

 

お子さんも楽しそうです。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170228205731j:plain

 

そしてこのワークショップでははずせない「焼きペン」です。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170228205832j:plain

 

みなさん夢中です。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170228205857j:plain

 

いい感じですね。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170228210011j:plain

 

参加してくださったみなさんありがとうございました。

そして、スタッフのみなさんに感謝いたします。

とくにお子さんたちには、荷物運びから会場設営、そして後片付けまでお手伝いいただきました。ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

 

そして、4月以降さらなる展開をしていきたいと思っています。

 

みなさん、よろしくお願いいたします。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170228195916j:plain

 

 

 

 

 

 

組合会館への抜け道?

広葉樹木材市は毎月12日頃の木曜日に開催されます。

今月はまさに12日(木)にあります。

その為、今日の祝日は出勤です。

成人の日に休めた記憶がありません。

 

会社の土場が手狭になったので、真向かいの会社の空いたところをお借りして、木材を陳列しています。

 

以前、その整地をする時、荒れた組合所有の雑木林を一応きれいにしました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109164522j:plain

 

今日はここで「いいもの」を見つけました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109164954j:plain

 

それを、休憩時間に組合会館に持って行こう思いました。

葉っぱも落ち、雑草もないので、歩きやすいですから、久しぶりに「林道」を歩いてみたくなりました。

 

林道から会社を眺めてみました。

 

対照的な世界が側溝を境に広がっています。

 

どちらが良いのでしょうか。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109170102j:plain

 

この林道は地元の人が、ず~と向こうにあったという幻の「美味しい栗」を拾いに行くために切り開いたとか。

今はタケノコを目当てにこの林道を利用しているようです。

 

林道から上は地元の人の所有なので、入ってみたいのですが、見るだけです。

所有者は細切れに分割されているようです。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109165855j:plain

 

 正確には、林道から1メータぐらい下に境界があり、そこから上が地元の人の所有地です。

 

この境界に沿って桜の木が植えられており、何とか通ることが出来る道があります。

「けもの道」というのでしょうか。

 

いやいや桜街道を整備しましょう。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109171232j:plain

 

写真は組合会館からの帰り道に撮ったので、この写真は組合方向から撮ったものです。

見通しが明るいです。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109171845j:plain

 

この木材団地が出来て40年になるので、わけのわからない構築物があります。

 

当然何らかの目的があったとは思いますが。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109172024j:plain

 

ここで地元の人はたき火をしていました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109172301j:plain

 

「山神」に年頭のご挨拶をするためです。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109172352j:plain

 

ここを境にさらに奥に進んでいくと(東方向)、だんだん荒れてきます。

 

竹が浸食してきています。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109172443j:plain

 

竹を何とかしたいものです。

 

少なくとも組合の所有地は。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109172610j:plain

 

以前、岐阜県立森林文化アカデミーの生徒さんにきれいにしていただいたのに、また荒れてきています。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109172719j:plain

 

組合会館裏のこの一角は、一応各務原市文化財保存地区に指定されています。

ですので、木材団地造成前の姿をとどめています。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109172827j:plain

 

文化財とは「須惠器のかまど」跡です。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109173052j:plain

 

だんだん組合会館に近づいてきました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109173311j:plain

 

組合会館からの登り口です。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109173412j:plain

 

組合会館にたどりついて、何をしたかったのでしょうか。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170109173503j:plain

 

どちらが本物かわかりますよね。

 

正解は向かって右側です。

 

本物の山桜です。

 

右側は桜の樹皮を貼り付けた、いわゆる貼りものです。

 

本物はやはり良いねというお話でした。

みんなで鰹節を削ろう!手づくりする鰹節削り器 in 名古屋市名駅

12月18日(日)名古屋市中村区名駅の株式会社ボニトさんの4階をお借りして「長良杉の鰹節削り器づくり」を行いました。

参加者は午前の部が10名、午後の部が4名でした。

今回強力なパートナーに助けられてとても充実した講座となりました。

10名の参加者を一人で切り盛りすることはやはり大変なことですからね。

今回の会場は㈱ボニトさんの研修や従業員の方の食事などに利用されるキッチンを利用させていただきました。

その為、なるべく汚さないという条件が付きました。

3時間で完成バージョンでは基本、「磨く」ことだけが「汚す」ことになります。

今回は「磨く」ことを遠慮せねばなりません。

その為、帰りにサンドペーパー240番をお渡ししてお家に帰ってから磨いてもらうことにしました(一部お渡しすることが出来なかった方がいます。申し訳ありませんでした。)。

あらかじめ磨いておこうかとも思いましたが、そこまでやってはやりすぎだという思いもありましたが、その為の時間がとても確保できませんでした。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219183656j:plain

 

いろいろな会場を経験することは興味深いです。

会場となる所を事前に写真などでで見ていたとしても、実際その場に入ってみないと始まりません。その場の雰囲気を感じ取り、どのように「この場」で行っていくかを考えるのは楽しいことです。

 

この作業されている写真を見て思うことは、「みんなで一緒につくることは楽しい」ということです。

 

この削り器づくりでは「ここまでやるか」というくらい親切にしてありますから、「はいどうぞ」とお渡しすれば自宅で一人でもできるわけです。しかし、一人で黙々と作っている姿はやはり寂しいものですよね。

 

みなさん和気あいあいと、協力して作業を進めていただきました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219184544j:plain

 

板は「木が反る」とのごとく、反ってくれます。

あえて「板目」を使おうとしていますから当然ですよね。

反って隙間が出来ることより「長良杉」の木目の美しさを感じとってもらうことを優先しているのです。

ここが市販の鰹節削り器との際立った違いだと思っています。

 

この削り器づくりの楽しみのひとつに「引き出しの調整」があります。

事前の加工の段階で「横方向」はすんなりと入り、「縦方向」は入らない状態にしてあります。

それを難儀しながら調整して、うまく入るようになると喜びを感じるのです。

今回はその作業がこの会場では出来ませんので、私が事前に「あと少し」のところまで調整しました。

私の削り器で調整しましたので、確かに「あと少し」なのですが、ここからがなかなか厄介でした。削りすぎてはいけませんからね。

お家に帰ってからやってくださいとは言ったものの、なかなか出来ないものです。

そこで、この場で私がやることにしました。

10人分ですから、それなりにというところで了解していただきました。

 

その作業と並行して、鉋刃の調整をしてもらいました。

 

ここからは「強力なパートナー」にお手伝いをしていただきながら進めました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219185944j:plain

 

私は作業しながら半分の耳で聞いていたので、不正確な記述を避けるため写真だけ掲載します。

これは私の備忘録でもあります。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219191722j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219192014j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219192033j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219192045j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219192057j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219192252j:plain

 

刃の出具合がたいせつですね。

出しすぎないようにすること。

斜めに刃が出ないよう調整すること。

 

この削り器のサイズにあうのは「亀節」であると、の社内協議(?)

 

鉛筆削りで削ったようになればいいので、それ以上に「花かつお」のように薄く長く削れることは無い。

 

「面」をつくること。

 

広い「面」をつくろうとしないこと。

 

保存方法のこと。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219195411j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219195614j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219195623j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219195631j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219195644j:plain

 

そして、みなさんに削っていただいた鰹節でお雑煮をいただきました。

おいしくいただきました。

ありがとうございました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219200007j:plain

 

お出汁の話しは大変興味深いものでした。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219200523j:plain

 

 ますます「お出汁」への関心が高まります。

 

午前の部は終了予定時刻に終えることができました。

 

そして、午後からの部です。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219200728j:plain

 

午後からは4名の参加でした。

午前とは打って変わった雰囲気です。

どちらも良いと正直思っています。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219200743j:plain

 

お子さんも頑張っています。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219200752j:plain

 

「焼きペン」上手に使いこなしています。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219200801j:plain

 

「い草マット」も製作していただきました。

 

こだわりの「い草マット」もできました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219200815j:plain

 

写真にもこだわります。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219200839j:plain

 

お出汁についてより深い解説もしていただきました。

ありがとうございました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219200854j:plain

 

私にとってとても有意義な一日でした。

 

「お出汁」についてさらに学んでいこうと思いました。

 

参加してくださったみなさんありがとうございました。

 

そして、㈱ボニトのみなさんありがとうございました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161219201612j:plain

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

「手づくりする!長良杉の鰹節削り器」その12 大阪市にて

11月23日(水)大阪市旭区にて「手づくりする!長良杉の鰹節削り器」講座を開催しました。

 

主催していただいた石川友迦さんから8月中旬にお話をいただいて、この日の開催となりました。

 

参加してくださったのは5人(総勢11名)で、6台の鰹節削り器が出来上がりました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124095754j:plain

 

開催場所は大阪市旭区新森4丁目です。

 

当初から自家用車で行くことを考えていました。

 

京都市までは何回も行っていますが、その先の大阪市まではなかなかお邪魔する機会がありませんでした。

当然カーナビのお力をお借りしなければなりません。

今回はカーナビが言うがとおりに行こうと心に決めていました。

 

自宅から開催場所まで、ヤフー地図で検索したらジャスト200キロ、時間2時間43分と出ました。

 

200キロはそれほど遠いという印象はありませんでしたが、

 

確かに近かった(気持ち的なものも含めて)

 

カーナビは草津あたりで京滋バイパス名神高速道路に行けとおっしゃる。

紅葉シーズンの京都で渋滞するかと心配していましたが、それは避けられたとしても初めての道なので一抹の不安を感じました。

 

カーナビさんは、左に行けだの、合流に注意しろなど、いろいろご親切に教えてくださるのだが、少々うるさい気がしないでもありません。

しかし、カーナビがなければとうていこの複雑さには対応しきれなかったでしょうね。

 

そして、よくわからないまま「第2京阪門真IC」で降りて一般道に入りました。

よくわからない状況はその後も続きましたが、すんなり現地まで行くことが出来ました。

ただ、当方の地域ではあまりお目にかかれない「一方通行」に面食らいました。一方通行の標識が意味している方向を理解できず、進入禁止だと思い込んで通過してしまったところに今回の会場があったわけです。そういうものですね。

そして、歩行者を優先するような道路の設計がされている所が多々ありました。

いいことですね。

 

新森4丁目のことはずいぶんと詳しくなりましたよ。

 

帰宅後、この日の経路を復習しました。

 

なるほど、そうなんだと思いました。

 

今度お邪魔する時はカーナビ無しで行くことが出来ます!

 

ついでですが、この日高速道路で追越車線に入ったのが2回ほど。あとは走行車線を走り続けました。帰路は一度も追越車線に出ませんでした。

しかも、時速80キロをほぼ堅持しました。

年を取ったせいでしょうか。何の抵抗もありませんでした。瞬間的最高時速が100キロどまりでした。

まあ、時間に十分の余裕ととっていたからだとは思いますが。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124105718j:plain

 

さて、今回の講座を主催してくださった石川友迦さんは、淨教寺さんの真向かいにある「つめどころはな」さんのオーナーネイリストで、2階のセミナー室を提供してくださいました。

 

いろいろとお心配りをいただきました。ありがとうございました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124110747j:plain

 

今回の加工分では、引き出しの底面になる部材の幅が少し短かったです。

前回までの引き出し幅の出し入れ調整の手間を省くためのものでしたが、予想以上に楽に出し入れが出来てしまいます。(上下の部分は入らなく、調整が必要なのは従来通りです。)

その為、取っ手をつける部材と幅が違ってきました。

その微妙な調整をしています。

 

お二人さん、楽しそうですね。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124111217j:plain

 

 親子でつくっていただきました。

ありがとうございました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124112034j:plain

 

 ご自分の分と、お母様にプレゼントする分もつくられました。

丁寧につくっていただいています。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124113107j:plain

 

格好が決まっていますね。

 

本職ですからね。

 

さすがに作業は手早いです。

 

いろいろお手伝いをいただきました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124113313j:plain

 

 釘打ち、順調です。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124113707j:plain

 

いきなり「焼きペン」に飛びましたが、これは外せないアイテムですね。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124113955j:plain

 

 良い記念になります。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124114053j:plain

 

 絵手紙をされていて、その手法で書かれていたようですが、とても素晴らしいものを書いておられました。

贈られるお母様も喜ばれることでしょう。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124114139j:plain

 

 みなさん、それぞれに個性が出ていますね。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124114717j:plain

 

自分で削った鰹節でお出汁をとっていただきます。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124114847j:plain

 

鉋刃の調整をしながら削っていきます。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124132215j:plain

 

綺麗な色をしていますね。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124132416j:plain

 

今回鰹節を持参しました。

「背」と「腹」の両方をもっていきました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124132500j:plain

 

「背」と「腹」の違いはいかがでしょうか。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124132646j:plain

 

そして、おまけの「い草マット」づくりです。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124132823j:plain

 

こちらも楽しいですね。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124132911j:plain

 

そして、集合写真を撮って終了となりました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124133100j:plain

 

参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

 

これからもよろしくお願いします!

 

最後に参加者の方からいただいた素敵な写真の一部をご紹介いたします。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124134204j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124134228j:plain

 

そして「のぶちゃん先生」の写真です。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124134309j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20161124134319j:plain

 

ありがとうございました(^^)

 

「手づくりする!長良杉の鰹節削り器」顛末記 その11 

11月20日(日)組合会館にて「手づくりする!長良杉の鰹節削り器」講座を開催しました。

7組(総勢11名)の参加でした。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121081655j:plain

 

岐阜県瑞穂市の「惣菜屋Mam825」さんがお声掛けしてくださり、今回の開催となりました。

 

仲の良い楽しいお仲間同士です。

楽しい一日を過ごすことができました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121082514j:plain

 

削り器づくり、今後も続きます。

その部材が「これ見よがし」と並んでいます。

長良杉の板を60人分(のはず)調達して加工屋さんに持ち込んで、出来上がった部材が90人分でした。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121082941j:plain

 

お子さんも大活躍!

 

これっていいですよね♪

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121083131j:plain

 

「取っ手」の部分でそれぞれの個性を発揮していただきましょう。

 

最近は取っ手に「桜の枝」を選ぶ人が多いので、それしか用意しなくなりましたが。

 

桜はとってもよいのです。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121083344j:plain

 

この細い桜の枝をノコギリで好きな長さに切ります。

「のぶちゃん先生」が切ることも多いのですが、やはり参加者が行うのがよいですね。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121083800j:plain

 

そしてメインイベントの釘打ちです。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121083947j:plain

 

お子さんも頑張ってます。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121084026j:plain

 

指は打たないでね。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121084109j:plain

 

すんなり打てるところと、そうでないところがありますね。

 

そういう違いがあることを体験してもらうことも良いことですよね。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121084154j:plain

 

引き出しに取っ手部分を取り付けます。

 

小さいお子さんは椅子に立っての釘打ちです。

 

こういう時に踏み台(ミルクスツール)があるといいですよね。

今後常備しておきましょう。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121085059j:plain

 

磨きをしましょう。

どんどん綺麗になりますよ。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121085258j:plain

 

完成しました。

鉋刃の調整をして、試し削りをしました。

 

いい感じに削れました!

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121085505j:plain

 

9時に開催して、11時40分ごろになりました。

 

参加者の方はここから自由解散となりますので、記念撮影をおこないました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121085706j:plain

 

さて、これからお待ちかねの「焼きペン」です。

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121085840j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121085920j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121085947j:plain

 

出来上がりです。

 

かわいい!

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121090057j:plain

 

すてき!

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121090134j:plain

 

そして、

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121090218j:plain

 

どうです!

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121090232j:plain

 

すご~い!

 

f:id:nobutyannsennsei:20161121090337j:plain

 

みなさん、すてきな「長良杉の鰹節削り器」ができましたね♪

 

参加してくださったみなさん、ありがとうございました!

 

これからもよろしくお願いします(^^)

 

 

 

 

<平成28年>年内の日程です

平成28年の年内の日程です。

 

よろしくお願いします。

 

 

11月20日(日)  手づくりする!長良杉の鰹節削り器 in 組合会館

 

11月23日(水)  手づくりする!長良杉の鰹節削り器 in 大阪市

 

11月27日(日)  

   午前      各務原市まちづくり助成金事業

            森の恵みのものづくり事業  

             長良杉の鰹節削り器づくり

 

   午後      組合会館開放日

 

12月4日(日)  組合会館開放日

 

               参加者募集中!!

 

 

12月11日(日) 手づくりする!長良杉の鰹節削り器 in 東京赤坂

 

 

12月18日(日) 手づくりする!長良杉の鰹節削り器 in 名古屋市

 

12月25日(日) 

     午前      各務原市まちづくり助成金事業

              森の恵みのものづくり事業  

              長良杉の鰹節削り器づくり

 

   午後     組合会館開放日