長良川おんぱく2017「長良杉でつくる鰹節削り器」11月12日in組合会館

木工の基本は「ノコギリ」と感じた一日でした!

 

11月12日(日)に「長良川おんぱく2017『長良杉でつくる鰹節削り器』」を開催しました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113092803j:plain

 

午前の部で8台、午後の部で4台、製作しました。

 

参加者は総勢12名でした。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113092840j:plain

 

家族連れあり、年配の方あり、そして何より女子高生が参加してくれたのが嬉しかったです。

こういう若い人が関心を持ってくれたことが、とてもうれしいです。

 

今回は、名古屋市の㈱ボニトさんの社員であり、だしソムリエ協会認定講師の小笠原香織さんに「お出汁」についての講義をお願いしました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113093002j:plain

 

大変興味深いお話をしていただき、参加者の方に大変喜んでいただけたました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113093017j:plain

 

また、削り器づくりについていろいろお手伝いいただきました。

 

小笠原さんは、昨年の「長良川おんぱく2016『長良杉でつくる鰹節削り器』」に参加してくださいました。

 

昨年は昼食を挟んでの開催でしたが、その時の雑談で小笠原さんがお出汁のプロであることがわかり、その後の展開でいろいろ教えていただいたり助けていただいたりしました。

 

そのご縁で、昨年は㈱ボニトさんで「鰹節削り器づくり」を開催していただきました。

 

また、今年の「おんぱく」では小笠原さんに講師をお願いしたいとずっと前から思っていて、それが実現できてとても良かったです。

 

3人のお子さんを育てている真っ最中の体験からのお話には説得力があります。

 

私も参加者のひとりになって聞き入りました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113093034j:plain

 

小笠原さん、大変ありがとうございました!

 

小笠原さんには写真撮影もお願いして、普段は被写体にならない「のぶちゃん先生」を撮っていただきました。

 

この写真は、引き出しは必ず入るように設計してあるとウケを狙っているところ^^;

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113094134j:plain

 

この写真は、取っ手のどのようにつけるのか、持ちやすさを実際に試してから選んでくださいと説明しているところです。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113094148j:plain

 

カツオ解体君は相変わらず人気ですね!

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113094444j:plain

 

小笠原さんのカツオ解体君は長男ですが、私の次男もお役に立てたようです。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113094503j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113094522j:plain

 

 引き出し部の取っ手は、桜の枝を切ったものを使用しています。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113100344j:plain

 

この部分は桜の枝がベストだと思っているので、これからもこれでいくつもりです。

ただ、枝の調達を怠らないようにしないと、在庫切れになってしまいますからね。

ちょうど良い太さとなるとなかなか無いものですから、、、

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113100530j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113100558j:plain

 

取っ手は切った枝をそのまま付けることをお勧めしています。

そのほうが楽ですから、、、

横付けは一手間増えますからね^^;

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113100836j:plain

 

では、この枝をどのように付けるのでしょうか。

その説明をしています、、、

 

横付けを選択した2人が熱心に聞いています。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113100952j:plain

 

そして、この削り器づくりのメイン作業である釘打ちの説明をしています。

 

釘の長さが、22ミリ、16ミリ、13ミリと使いわけます。

 

なぜ、長さが違うのか、面倒がらず説明しましょうね(いつも忘れてしまうのか、敢えて言わないのか、、、)。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113101615j:plain

 

ここで年輪の話をするわけです。

 

「夏目」と「冬目」の堅さの違いを説明します。

特に杉はその違いが際立っていますからね。

 

そして、どうしても「夏目」「冬目」と言いたくなってしまうのです^^;

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113101631j:plain

 

釘打ちの様子です。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113101948j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113102005j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113102017j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113102039j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113102103j:plain

 

組み立てが完了したら、鉋の刃の出し方、鰹節の削り方の説明をします。

 

どこから削ればいいかの説明をしています。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113102226j:plain

 

尾っぽ側に残してある皮を持って、頭から削ってくださいと説明しています。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113102245j:plain

 

小笠原さんからは、この削り器にふさわしい削り方の説明をしてもらっています。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113102305j:plain

 

そして、小笠原さんからお出汁のとり方を説明していただきました。

実際にお吸い物をつくってもらい、みなさんに味わっていただきました。

みなさんに美味しいと喜んでいただきました(^^)

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113110158j:plain

 

今回時間の関係で「焼きペン」作業は割愛しました。

希望される方には、終了後おこなっていただきました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113103134j:plain

 

そして、午後の部の様子です。

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113103237j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113103309j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113103341j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113103424j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20171113103443j:plain

 

削り器づくりの為の準備では、いままでいろいろな課題を解決してきました。

そのなかで、なお課題の解決策が確立されていないのが、取っ手を取り付ける部材の加工です。

引き出しを本体に入れ込んだとき、隙間が出来ないよう加工しなければなりません。

今回一部の方、特に後半の方の部材で不都合がでました。

その修正の為、予定を変更して小笠原さんにお出汁の話をお願いして、その間に作業しました。

 

どのようにその加工作業をすべきかにいまだに迷っていましたが、結局一番きれいに早く出来るのは、「ノコギリ(この場合小さいノコギリ)」だと、心に決めました。

 

これからはもう失敗しないでしょう!

 

今回参加してくださったみなさんありがとうございました!

 

小笠原さん、ありがとうございました。

 

これからもよろしくお願いします(^^)

 

「鰹節削り器づくり」まだまだ続きますよ\(^o^)/

「かつお節問屋タイコウさんの出汁取り教室~お雑煮付 」を開催します!

 

f:id:nobutyannsennsei:20170915065831j:plain

 
かつお節問屋タイコウさんの出汁取り教室~お雑煮付」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日にち:12月3日(日)

時間:10:30 ~ 14:30

場所:
岐阜木材流通団地協同組合・組合会館
〒509-0108
岐阜県各務原市須衛町7-51
岐阜木材団地内

参加費:6,000円(当日集金します)
 
人数:限定15名

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

申し込み・お問い合わせ:のぶちゃん先生(岩出信彦)のメール:
nobu.iwade@gmail.com
にお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

持ち物:
エプロン・タオル・筆記用具
出汁の持ち帰り用500mlのペットボトル、
飲み物
ランチタイム時の持ち寄りおかず一品
お椀
お箸

----------------------------------------------------

ランチタイムはタイコウさんのお出汁につきたてのお餅、無農薬のお野菜を使ってお雑煮を作ります。

お雑煮一杯は無料ですが、二杯目以降は一杯200円で追加できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f:id:nobutyannsennsei:20170915070202j:plain


講座内容
・本物の鰹節の話
・鰹漁の話
・鰹節を削ってみよう
・鰹節のお出汁を取ってみよう
・お出汁を飲みくらべ
・みんなでランチタイム

※子連れ可能です。託児はありませんので、お子様から目を離さない様お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:nobutyannsennsei:20170915070309j:plain


3月に岐阜市、6月に北名古屋市で開催し、あっという間に満席になった大好評お出汁教室!

鰹節のタイコウさん
http://www.taikoban.info/renew/
を東京からお招きしてのお出汁教室

上質な鰹節の出汁を体験しませんか 。

一昨年、ミラノで行われた国際博覧会。各国の食文化を展示したこの万博で日本のパビリオンがとても好評だったということをご存知ですか??
並ぶことを嫌がるミラノの人たちが日本の展示を見るためには長時間並ぶことも厭わなかったそうです!!

その、日本のパビリオンに唯一ぎりぎりまで持ち込めなかったものが日本人なら誰でも知っている鰹節
カビをつけたものということで検疫にないから、という理由だったそう。最終的には特別措置ということで許可が下りたのですが、相当大変だったのでは・・

でも鰹節がかび臭いと感じたことがある方いますか??
そもそも鰹節ってどうやって作られているんだろう??
パックの鰹節と塊のままの鰹節って何が違うの??
そしてなんであんなに鰹節は美味しいんでしょーーー!!

日本が世界に誇る食文化、ユネスコ無形文化財にまで登録された日本食の土台をなすお出汁に欠かせない鰹節。

その鰹節を私たちは余りにも知ら無さ過ぎるのかなぁと思ったりします。

そこで「鰹節」と言えばここ!
鰹節のタイコウさんに来ていただき、お出汁教室をしていただこうと思います。

鰹節について語らせたら何時間でも話が尽きない、そんなマニアで楽しいおじさまです。

ぜひ皆様のお越しをお待ちしています。


この教室終了後に、のぶちゃん先生による「長良杉の鰹節削り器づくり」講座を開催します。
参加希望の方は、下記リンクより申し込んでください。
https://www.facebook.com/events/1895841620735227/?context=create&previousaction=create&ref=5&page_id_source=1849432848406678&sid_create=1257249284&action_history=%5B%7B%22surface%22%3A%22create_dialog%22%2C%22mechanism%22%3A%22page_create_dialog%22%2C%22extra_data%22%3A%5B%5D%7D%5D&has_source=1


□キャンセルポリシー □
材料用意の為、5日前からキャンセル料が発生いたします
やむを得ずキャンセルの場合はお早めにご連絡をよろしくお願いいたします。

5・4・3日前キャンセルは50% 
2日前・前日・当日キャンセルは100% 
お支払いをお願いしております。 
どうか体調等整えてご来室下さいませ。

9月最初の組合会館開放日は小学生が大活躍!

9月3日(日)は「鰹節削り器づくり」と「組合会館開放日」でした。

 

参加してくださったのは、それぞれに一組の親子さんでした。

 

「組合会館開放日」のほうは、いつものご家族にお姉ちゃんの友達が一人一緒でした。

 

そのお姉ちゃんは、ここの常連ですからどこに何があるか頭に入っています。

 

お友達をリードして作業に励みます。

 

設計図も書いてきました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170903181251j:plain

 

カーポート付きのお家(お部屋)づくりです。

 

大人の手を少しは借りましたが、ほとんど自分たちで作りました。ガンバリました。

 

素敵なものが出来上がりましたね。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170903181549j:plain

 

そして、「鰹節削り器づくり」のほうは男の子でした。

 

彼は、総菜屋Mam825さんの「夏休みお店体験」に参加し、その時私がお客さんとしてランチをご馳走になりました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170903185120j:plain

 

Mamさんのところにある「のぶちゃんの鰹節削り器」を見て作ってみたいとのことで、今日来てくれました。

 

小さい時からものづくりが好きで、いろいろなものを作ってきたとのことです。

 

納得です!

 

釘打ちがとても上手でしたし、こういう時はこうするんだと自分から進んで作業をしていました。

 

とても感心しました!

 

f:id:nobutyannsennsei:20170903182708j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20170903182811j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20170903182847j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20170903182919j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20170903182957j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20170903183032j:plain

 

1時間かからず組み立ては完了しました。

 

良い出来上がりです。

 

そして、「焼きペン」。

 

恐竜の足跡だそうです。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170903183146j:plain

 

これはお母さんが描きました。

 

うまい!かわいい!

 

f:id:nobutyannsennsei:20170903183237j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20170903184154j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20170903184245j:plain

 

「鰹節削り器づくり」と「組合会館開放日」の同時進行に、あしながバチの度重なる侵入と賑やかでしたが、「お子さんが参加し作業してくれる」という喜びをあらためて肌で感じた一日でした。

 

今日参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

 

これからもよろしくお願いします。

 

そして、、、

 

9月は組合会館開放日の設定が多いです。

 

皆さんの参加をお待ちしています(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月の「のぶちゃん先生の木工教室」の日程です

9月の日程です。

日程といえるほどのものではありませんが、、、、

 

以下の日は「組合会館」が開放できます。

 

午前9時30分から午後4時まで

 

ご都合の良い日時を連絡いただければ居るようにします。

 

つくるものは、鰹節削り器でも良いですし、事前準備が大変なもの以外ならOKです。

 

参加希望の方は、

nobu.iwade@gmail.comまでメールをいただくか、

メッセンジャーにてご連絡ください。

 

9月16日(土)

 

  17日(日)

 

  18日(月)

 

  23日(土)

 

  24日(日)

 

f:id:nobutyannsennsei:20170902092851j:plain

 

今抱えているいる課題は、

(忘れているものが無ければ、、、)

 

・鰹節削り器づくり

・桜の樹皮付きスプーン

 

・オセロ

・将棋

・カティングボード

・樽をなんとか出来んか?

・道具箱

 

このうち桜の樹皮付きスプーンづくりは、市内の某小学校の依頼で、実施は10月末。時間はあるとはいうものの、準備が結構大変なので今から対策をしておかないと間に合わない。

まずは桜の枝を調達しなければならない。寒くなってから切るのが良いのだが、待っていられないし、水の吸い上げもひと段落したことだろう。

そこで、まずは9月16日・17日・18日の三連休のうちに裏の組合所有の雑木林で山桜を捜して枝を調達しよう。

それを適当な長さに切って半割にする。

そこまでを、この三連休にしたいと思っている。

 

オセロと将棋のリクエストが多いので、その準備もしなければならない。

のぶちゃんコレクションに盤にするいいものがあるが、板が分厚いので厚みをおとさなければならない。

「はしもと図工室」さんに依頼しよう。

桜の枝は昨年からの持越しがある。樹皮付きスプーンには細いのが多いし、乾燥して堅くなっていて作業が大変だ。

オセロの石にするのに適当な太さのものを選別しておこう。

この枝を適当な大きさに切ることと穴あけ(危なくなさそうなら)は参加者にやってもらおう。

 

将棋のことは勢いでできそうだ。

 

樽?と道具箱の試作品は来週中に作ってみる。

どのような結果になるか、作ってみないとわからないが(^_^;)

 

以上です。

 

日程に変更があれば、ブログにてお知らせします。

 

よろしくお願いします(^^)

 

 

 

手づくりする!鰹節削り器 in 愛知県北名古屋市

 8月22日(火)午後2時から午後4時まで愛知県北名古屋市にある「LIDIA Studio]」にて「手づくりする!長良杉の鰹節削り器」ワークショップを開催しました。

 

(以下、主催者の渡辺ひさこさんからいただいた写真を多く使わせていただいています。渡辺さんありがとうございます。)

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823090504j:plain

 

参加者は3組の親子さんでした。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823091758j:plain

 

主催してくださった渡辺ひさこさんありがとうございました。

 

素敵なスタジオですね!

 

置いてある商品も良いですね♪

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823092251j:plain

 

また行きたいです!!!

 

さて、岐阜県各務原市須衛町にある我が拠点「組合会館」から現地までは距離にして27キロ、車での所要時間1時間との検索結果。

 

なんと!近~い!!!

 

有料道路利用は時間的には同じですが遠回りになります。

下道では犬山市経由と江南市経由がありますが、江南市経由を選択しました。

我が「拠点」から5分もかからず県道17号(通称:江南関線)にのり、そのままひたすら道なりに行きます。近づくにしたがって左折だの右折だのとありますが、非常にわかりやすいです。

そしてこの道、みなさん安全運転でゆっくりと走っているので、あたりの景色を眺める余裕があります。

江南・岩倉など名鉄犬山線の駅名でお馴染みのところを通ります。

なぜか懐かしい気持ちになりました。

 

そして、ゆったりした気持ちでとても素敵なところに到着しました。

 

nagoya.identity.city

 

 13時過ぎに到着し、作業のための荷物を降ろしました。

会場は設営していただいていたので、作業をするためのセッティングをおこないました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823101259j:plain

 

 作るために必要なものは、まずは当然「鰹節削り器づくりキット」、何は無くてもこれが無ければ始まりません。しかし、出張の時は出発直前までこれを車に乗せたかと不安になります。早く出発してしまえばいいのにね。

 

ボンド・玄能・釘・錐・鉛筆・レジュメ・紙やすり・支え板・補助材・作業台・下敷き用段ボール箱、木槌・取っ手材料等(順不同)となるわけです。

 

今回時間の関係で、磨きは粗方こちらで行っておきました。

細かい所は参加者が自宅で行ってもらうようお願いしました。

 

さて、作業を開始しましょう。

 

今回は、まず最初に短時間でしたが押さえておきたい木についての話をしました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823123322j:plain

 

 杉について、年輪、夏目・冬目、板目・柾目、木口・木端、などについてです。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823123436j:plain

 

「夏目」は正確には「早材(春材)」、「冬目」は「晩材」と言うべきなのですが、「夏目」はどんな字を書くのかの説明で、伝説の女優「夏目雅子」(大好きだったなぁ~)を引き合いに出したら、ことのほか受けたので、それ以来ず~っとそれをネタに使っています。これからは、「夏目雅子」と言った後に「早材(春材)」と正しい呼び名に訂正することにしよう(レジュメには早材・晩材としてあります)。

 

さて、制作にかかりましょう。

 

蓋は作成済み、カンナの刃は調整済みですから、これらは最後まで使わないので、横に置いておきます。

まずはボンド付け。本体の部分をおこない次に引き出しの部分をおこないます。

釘打ちの下穴があけてあるのとあけてないのがあります。

穴のあいてないのが底に、穴をあけてあるのは側面になります。

それぞれに番号がふってあります。間違えないように組み合わせましょう。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823125649j:plain

 

ボンドを底板の番号が書いてある側面に塗ります。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823131218j:plain

 

竹串があります。ボンドをきれいに引き延ばすのに使いますが、手を汚さないというのも目的です。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823130435j:plain

 

カンナ台を乗せる支えの板ですが、ここは向きを指定していませんので、どの面を外に向けるかも見ながらボンド付けをおこなっていただきます。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823130905j:plain

 

引き出しの部分も同じように行います。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823131449j:plain

 

ボンドを乾かせる間に引き出しの取っ手部の作成です。

 

取っ手は桜の枝を切ったものを使います。

(桜の枝が人気なのでこれに統一することにしました)

 

取っ手の付け方は3とおりあります。

(写真は2とおり分です)

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823131741j:plain

 

枝そのまま、枝加工縦置き、枝加工横置き、と3とおりあるわけですが、実際に持ちやすさ、引き出しやすさを確かめてもらいます。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823133901j:plain

 

この取っ手部の板は釘打ちの下穴をあけてあるのはもちろんですが、出し入れ調整のための加工がしてあります。この部分は試行錯誤して最近はきれいに仕上げておくことが出来るようになりました。

 

そして、桜の枝を選んでもらい釘を打つ側に錐で少し下穴をあけてもらいます。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823135427j:plain

 

 取っ手用板の裏側から長さ16ミリの真鍮釘を打ち込みます。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823135558j:plain

 

接着面にボンドを塗り裏から打ち込みます。

打ち込み不足だと取っ手がぐらぐらするので、出来る限り思いっきり叩き込みます。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823142418j:plain

 

ここまで出来たら、いよいよメインイベントの釘打ちにはいります。

 

ここが一番楽しいのではないでしょうか。

 

お子さんの目が輝きます。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823140643j:plain

 

真鍮釘22ミリが基本で、16ミリ、13ミリと打ち分けていきますが、長さの違いにはそれぞれ事情があるのですが、ここでは割愛します。

改良を加え釘の飛出しはほとんど無くなりましたが、それでも慎重におこなってもらっています。

釘打ちは夢中になりますね。

 

そして、釘打ちがすべて終わったら取っ手になる板を、引き出し本体に取り付けます。

ここの取り付けの時段差が出来ると引き出しの出し入れがスムーズにおこなえないので、慎重に取り付けます。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823140756j:plain

 

 取っ手をつける木口面にボンドを塗ります。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823140926j:plain

 

 真鍮釘長さ22ミリで2か所とめます。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823141834j:plain

 

取っ手部分の取り付けが終わったら、組み立てが完了です。

本体に引き出しを入れてみましょう。

ここで調整が必要な場合もありますが、その場合は私も協力して仕上げます。

 

なお、蓋の裏面に彫り込みをしてある部分がありますが、それは出ているカンナ刃の保護が目的です。

 

無事完成しました。

 

次は、お待ちかねの「焼きペン」です。

それぞれ、思いのまま書いてもらいます。

エンドレスになりそうなので、30分という時間制限を設けています。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823144443j:plain

 

 f:id:nobutyannsennsei:20170823144543j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823145350j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823145512j:plain

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823145646j:plain

 

そして最後にカンナの刃の出し方、鰹節の削り方を説明し、実際に体験していただきます。

 

 試し削り用に「タイコウ」さんの鰹節を3本用意し、みなさんに削っていただきました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823150716j:plain

 

最初はなかなかうまくいきませんが、うまく削れた時はうれしいですよね。 

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823150954j:plain

 

何回も削ってみてください。

 

主催者の渡辺さんからタッパーを提供いただきましたので、試し削りしたものを持ち帰ってもらいました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823144659j:plain

 

 今回は、木槌と作業台を必要アイテムとして購入していただきました。

 

これからは、これらを必要セットとして用意し、必要とされる参加者の方にお分けしたいと思います。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823151359j:plain

 

 参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170823151510j:plain

 

主催してくださった渡辺ひさこさん、本当にありがとうございました。

 

これからもよろしくお願いします(^^)

 

のぶちゃん先生の木工教室 8月の日程です

8月の日程です

 

「組合会館開放日」については、流動的な面があり変更する可能性もあります。

 

変更する場合は、お知らせします。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170801073516j:plain

 

【 組合会館開放日 】

 

     8月   11日(金)

       12日(土)

       19日(土)

       20日(日)

              26日(土)

       27日(日)

 

                      午前9時30分~午後4時まで

 

    材料は「のぶちゃんコレクション」を自由に使用してください。

    端材ばかりですので、作るものは限定されます。

 

             お問い合わせ・申し込みは

 

            メール:nobu.iwade@gmail.com

                         又は

         フェイスブック 岩出信彦 にメッセージください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

8月2日(水)・3日(木)・4日(金)

「第12回こども芸術村 アートキャンプ」(飛騨金山の森キャンプ場)に参加

 

8月17日(木)  鰹節削り器づくり in 組合会館

  18日(金)  鰹節削り器づくり in 組合会館  ⇒  参加者募集中

 

  22日(火)  鰹節削り器づくり in 北名古屋市

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

1年間よくやりましたね♪「手づくりする!鰹節削り器」

7月30日(日)愛知県岡崎市で「手づくりする!鰹節削り器」ワークショップを行いました。

f:id:nobutyannsennsei:20170731103621j:plain

主催してくださったのは、『いのちをつなぐ食育cafe「Evelina Mamma」』さんです。

いろいろお世話いただきありがとうございました。

参加者は23組。

昨年の8月13日(土)に開催してから、この1年間で丁度200台到達という記念すべきワークショップとなりました。

 

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

 

この講座の初っ端の8月13日(土)の様子ですが、削り器の完成度はいざ知らず、ワークショップとして私にかなり強烈なインパクトを与えてくれました!!!

なにせ参加者が、、、、強烈な人ですからね(笑)

ameblo.jp

 

今回の講座のレジュメの一部分から、、、、

『2016年8月13日に土岐山さんに来ていただいての製作を皮切りに2017年6月24日までの講座のなかで177台作りました。活動拠点の岐阜木材流通団地協同組合会館で52台、出張講座で125台作りました。出張先は、7か所でのべ9回開催しました。愛知県長久手市、東京都港区(2回)、大阪市(2回)、吹田市名古屋市岡崎市岐阜県多治見市です。』

 

これに今回の分を加えると「200台作り、そのうち出張講座で148台、岡崎市で2回開催」となります。

 

どの講座もそれぞれ思い出深いのですが、そのなかの一つを紹介しましょう♪

この人がいるとインパクトがかなり強烈ということで、、、、(笑)

 

いまのサイズの鰹節削り器を指定し、3時間で作れるようにと指令をいただいた、恩人ですからね\(^o^)/

 

ameblo.jp

 

 最初の頃は(というかつい最近まで)鰹節削り器自体を作ることに精一杯で、鉋の刃のことや鰹節の削り方について、丁寧に対応することが出来ていませんでした。

この点、本当に申し訳なく思っています。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170731113225j:plain

 

しかし、最近になってようやくそちらのほうにも充分対応出来るようになりました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170731113252j:plain

 

まだまだ研鑽を積まなければなりませんが、もう全国どこへ行っても大丈夫だとの自信が出来ました。

 

f:id:nobutyannsennsei:20170731113908j:plain

 

ということで、突然ですがみなさん落語はお好きでしょうか?

 

私は好きです。「笑点」が大好きでしたが、最近観る機会が無くなりました、、、

 

私の好きな落語家は、3代目桂三木助です。そして、一番好きな落語はこの3代目桂三木助の「三井の大黒」です。

江戸時代の大工の風情がまるでその場に居るように生き生きと伝わってきます。

「大工の世界で、神様といわれ、名人といわれた、飛騨の甚五郎先生」が主人公ですが、むしろ「大工の棟梁政五郎」が主人公ではないかとも感じられます。

 

みなさん一度聞かれてはいかがでしょうか(^^)

 

私の親は岐阜県飛騨地方の出身です。母親は「飛騨の高山」出身です。

「飛騨の甚五郎」が自慢でした。

小さい頃、よく話を聞かされた甚五郎のことが、いま新たに蘇ってきました。


「かにかくに物は思はじ飛騨人の打つ墨縄のただ一道(ひとみち)に」(万葉集

 

f:id:nobutyannsennsei:20170731113951j:plain

 

「甚五郎のようになりたい」

技術的なことではもちろんありません。

気ままに全国を旅する姿に憧れます。

「漫遊記」ですね♪

 

f:id:nobutyannsennsei:20170731114953j:plain

 

いろいろな所に出かけると、いろいろ面白い人に出会えてとても楽しい♬

 

お声掛けいただければ、全国どこにでも出張いたします!!!

 

今後ともよろしくお願いします(^^)

 

f:id:nobutyannsennsei:20170731115005j:plain

 

 その落語にでてくる「上方ではどうか知らないが、江戸では道具箱を おもちゃ箱 と呼んでいる」そうな。

 

「削り器」につづくアイテムとして「おもちゃ箱」も面白いかもしれない、、、、